法人電話を使用する

案内するビジネスマン


法人電話で最近人気がでているのが「IPフォン」と呼ばれるものです。これはネットを利用して電話出来る電話です。IPフォンと従来の加入電話はシーンに合わせてこれから使用されていくでしょう。

この記事の続きを読む

複合機を利用する

スマートフォンを持つ手

複合機はプリンターもコピー機能も存在します。複合機もリースで使用することができます。リースで導入する際にはカウント料金の単価も重要になるので注意しましょう。費用もかかるので保守契約を結ぶようにしましょう。

この記事の続きを読む

コストを削減

黒い電話

経営を成功させるためにはコスト管理が必要となってきます。そのためにはリースを効率よく利用することも大事です。購入すると高いビジネスフォンもリースで導入することでコスト削減に繋げることができます。

この記事の続きを読む

連絡する

ウインドウと手のひら

ビジネスフォンはどの企業においても外部からの公式な電話回線としての役割と企業内における内線連絡の必要性とから必ず必要となるオフィスアイテムの1つです。そのため、起業に際しては必ずその手配を考えなければならなくなります。しかし、ビジネスフォンは購入価格が高いことから、予算が十分に確保できない場合にはリースを利用することが一般的でした。リース契約によって新品のビジネスフォンを5年から7年ほど利用することが可能であり、その利便性から再リースの契約を試みる企業も多数いる状況が続いてきています。一方で、その5年から7年の間に十分な予算がつけば購入することも可能であり、トータルの費用を考えて購入に切り替える企業も多数あります。

ビジネスフォンの購入による導入に費用がかかる理由として、端末数が増えれば増えるほど費用がかかるという問題がありました。しかし、近年では携帯電話やスマートフォンを社員に支給するという傾向が強まってきていることから、必ずしも数多くのビジネスフォンの端末を準備する必要がなくなりました。これに伴って、購入でもリースでも費用を低減させられるようになってきています。そのため、購入のための予算をもてることが増えてきているという傾向もあり、リースよりも購入を選ぶ傾向も強まっています。また、レンタルという選択肢も広まってきています。利用料金はリースよりもかかるものの、短期間で契約を解約できることから、当面の利用価値だけを考えてレンタルを利用するという傾向も生まれてきています。今後はこういった豊富な選択肢からより低コストですませられるものを選ぶ傾向が強まっていくでしょう。

リースすることが可能

電話で話す女性

実は、近年では、コピー機をリースする会社が増えてきています。何故、コピー機をリースする会社が増えているのかという要因、リースをする時の注意点をよく見てみましょう。

この記事の続きを読む